相撲105Lのオーバーホール

20160127_01

相性のよいボードがないものかと、何度か道具をかえたり試乗したりしながら探していたところ、2009年にNさんからすすめられて試乗した相撲、めっちゃ相性がよくて気に入ってこのAngloの相撲105Lを購入しました。2009/9/5に買ったのですでに6年たっていますが、いいものは長く大切に使いたいということで、AngloのchangoのデッキパットとAngloのストラップを入手し、年末にノンスリと傷の修理も含めて全体的にオーバーホールしてもらいました。

6年使っていて、フィーリングいいなぁというか、大好きと思う理由は以下の通りです。(参考:体重85kg)

・プレーニングしやすい。アンダーにも強い
・ガスティー時には小さいセイルの風域でも扱える
・浮力を利用しゲッティングアウトしやすい
・踏んだ感覚でレイルを入れられる(コロコロしすぎない)
・微風時でも波に乗せやすい
・乗っていて素直に反応してくれる

Chagoの93Lも同じ感じの乗り心地なんで、同じフィーリングが好きな少し重量級の方、ChangoのFree waveおすすめですよ(^^♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • ドリビー
    • 2016年 1月 28日

    おはようございます
    大好きと思う理由の内容からヒデさんにとって
    どれくらい相性が良いのか簡単に想像出来ました!
    バッチリっすね~
    これぐらい相性の良い板に乗りたいものですね~
    ドリの持ってる3本の板もまあまあですが、そろそろ
    78Lを買い替えたいところです
    次はJPのシングルかChagoと思ってます

    • 千葉ひで
    • 2016年 1月 30日

    ドリビーさんへ
    こんにちは。かなり仕事がドタバタしていた関係で、なかなか返信できずにすいません。
    Changoもめっちゃ素直な反応の、いい板ですよ!相撲と同様、めっちゃ相性よくて気に入っています。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

月次アーカイブ

ページ上部へ戻る