CrystalDiskMarkで自作PCのSSD速度を測定してみました

もともと市販のノートPCを使っていた時は、2.5インチSSDの256GBをCドライブ「OS+データ」とし、ユーザデータは写真や動画がたくさんあり、Cドライブでは容量がぜんぜん足らなかったので、外付けのNAS_HDD1TBをRAID1構成「データ」にして使っていました。

ノートPCが壊れて2020年に自作PCにかえた際、M2.SSD PCIe3×4の512GBをCドライブ「OS+データ」とし、もともとノートPCで使っていた2.5インチSSDの256GBをDドライブ「データ」、NAS_HDD1TBをRAID1構成「データ」として使う環境にしました。

今年に入り、ホームページなど重い腰を上げて復活させていこう!という気持ちになり、NAS_HDD1TBを使い始めたのですが、LAN経由では性能がかなり遅く、買ったのが2009年の夏くらいなのでもう10年以上使っているし、RAID1の1台のHDDが壊れたらどういう構成にしようか悩んでいたのですが、自作PCの性能がかなりよくなったことだし、マザーボードにM.2 SDDをもう1台追加できることがわかったので、WD SN850という性能のよいM2.SSD PCIe4×4の1TBを追加購入して、SSDをそのままクーロンしてCドライブ「OS+データ」とし、もともと使っていたM2.SSD PCIe3×4の512GBをDドライブ「バックアップ」、SATAは予備、NASは使わないようにしようと構成変更しました。性能面も容量も満足する快適な環境となりました。

そうなると、実際に買った各SSDがメーカ公表値に対してどれくらいの性能が出るんだろう???というのを調べたくなり、さっそくCrystalDiskMarkというフリーソフトでSSD速度を測定してみることにしました。以下がその測定結果です。写真や動画の編集もかなり快適(^^♪。よい環境になりました♪

自作PCスペック

  • マザーボード:ASUS TUF GAMING B550-PLUS
  • CPU:AMD Ryzen7 3700X
  • CPUクーラー:標準からKOTETSUMarkⅡへ変更
  • メモリ:crucial DDR4-3200(16GB×2)
  • GPU:GeForce GTX 1660 SUPER
  • ストレージ①:M.2SSD WD_BLACK SN850 NVMe SSD(WDS100T1XHE) 1TB(PCIe4×4)
  • ストレージ②:M.2SSD XPG SX8200 Pro 512GB(PCIe3×4)
  • ストレージ③:2.5インチ crucial MX100 256GB(SATA接続)

測定結果

上記はストレージ①:M.2SSD WD_BLACK SN850 NVMe SSD(WDS100T1XHE) 1TB(PCIe4×4)の測定結果です。メーカ公表値は最大読込速度:7000MB/s、最大書込速度5300MB/sですが、現状の自作PC構成で同等くらいの測定結果でした。さすが評判の良いWDのSSDですね♪

上記はストレージ②:M.2SSD XPG SX8200 Pro 512GB(PCIe3×4)の測定結果です。メーカ公表値は最大読込速度:3500MB/s、最大書込速度3500MB/sですが、現状の自作PC構成で7割くらいの測定結果でした。安価なSSDでこの数字なんで、よい結果だと思います。

上記はストレージストレージ③:2.5インチ crucial MX100 256GB(SATA接続)の測定結果です。メーカ公表値は最大読込速度:550MB/s、最大書込速度330MB/sですが、現状の自作PC構成で同等くらいの測定結果でした。WDと同様、さすが信頼あるメーカのSSDですね♪

Hits: 131

関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

アーカイブ

目次

TOP