第12回(検見川):暖かな南風に午後から乗れました♪

風:南西~西南西 波(うねり):最大で腰・腹くらい
道具:相撲105L+5.3㎡(プレーニング率:90%)
人数:最大で20-30人程度

ご一緒した皆様、お疲れ様でした。また、たくさんの笑顔の共奏、ありがとうございます。

仕事が夜番で昨夜から早朝まで仕事(-_-;)して帰宅。自宅で追加で仕事して移動を開始。現地には12:00過ぎにつきました。

ちょうど風が上がり始めた感じだったみたいで、めっちゃラッキー(^^♪。相撲105L+5.3㎡アンダーセッティングで出廷しました。

何往復か乗っていたところ、沖のY字突堤の海側でセイルのような黒い帆がはりついているのが見え、少し様子をみたのですが、抜けられない雰囲気だったので、即効で岸まで戻り、歩いてY字突堤へ救助しに向かいました。救助の状況は、追伸します。

救助活動が落ち着いたあと、少し風が落ちた?って感じでしたが、その後、風は復活。けっこう上がってくれて、相撲105L+5.3㎡ジャスト→オーバーにかえるくらい吹き上がり、波も最大で腰・腹くらいになってくれて、みなさんとたくさんの笑顔の共奏をしながら、たくさん波乗りを楽しめました♪

チフ兄にぃ撮影。いつもありがとうございます♪

Nnaoさん奥さま撮影(^^♪いつもたくさん撮影いただき、ありがとうございます。

夕方、少し波が良くなったときの波乗り♪

夕方、少し波が良くなったときの波乗り♪

16:30-17:00までリモート会議出席後、17:00から30分くらい追加で乗り、風も落ちてきたので終了にしました。

本日の最高速度は38.3km/sでした。なかなか40km/s台がでないですね。

仕事でいろいろとあり、ストレス発散したかったので、3時間くらいですが、けっこう乗れてスッキリしました(^^♪

また、良い風と波でたくさんウインドサーフィンを楽しめますように☆彡

海写真サイト(高画質版):ここをクリックしてください(435枚。JPEGで撮影。4/16以降に削除します)

(注)IE11はMSサポート終了のため上記アルバムが表示できないと思います。ご注意ください。

追伸:

すでに救助活動されていたコングさんと、もう1名の方と一緒に救助活動しました。帆がついているゴム製のヨットだったこと、またY字突堤の波は風も出ていてかなりあぶなかったので、ヨットは乗り捨ててもらい、救助する突堤のはしごから登ってきてもらうところでした。一緒にお手伝いして無事救出。多数、両手を切っていて手は血まみれでしたが、お身体はお怪我無く、無事でした。さらに応援にきていただいたKAWAI SUPクラブの店長が救急車と海上保安庁に連絡、救急車で治療し、大きな怪我もなく、病院までいかずに済んだそうです。不幸中の幸いですね。

17:30くらいにそのヨットは護岸に打ち上げられ、その後、そのヨットをみた別の方が心配して海上保安庁へ連絡したらしく、18:00くらいに海上保安庁の方が現地に確認にきていました。ご苦労様です。

関連記事

コメント

    • ドリビー
    • 2021年 3月 18日

    こんにちは~

    乗れて良かったですね~
    ひでさんの波乗りの写真もイイ感じです!

    そして、人命救助されたんですね!
    責任感の強いひでさんならではです、、、流石ですね~
    要救助者も大事に至らなくて何よりでした
    不幸中の幸いですね
    長いこと海に通うと、いろんな事が起きますね!

    • 千葉ひで
    • 2021年 3月 19日

    こんばんは。
    いつもコメントありがとうございます。
    仕事のストレスもあり、楽しく乗れてストレス緩和できました(^^♪
    また、波乗りについてお褒めいただき、ありがとうございます!
     
    検見川のY字突堤は、本当に南風が強くなった時には特に沖からだと近づいたら絶対にダメな場所なんですが、ヨットで帆がテトラの上にみえて救助しなければと気づいたので、よかったです。これがウインドだったら、気づかない可能性が大なんで、改めて注意しなければならない場所だと感じました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

月次アーカイブ

ページ上部へ戻る