第40回(内房某所):強風4.5激Over

20071230_02 20071230_01風:西南西 波:腰
道具:SOS92+4.5㎡(プレーニング率:100%)
人数:MAX20人くらい

気象庁の前日予報は千葉内房南部で西南西~西の風強く、久々の強風南西ライドです。興奮して朝5:00に目が覚めました。まさに遠足気分です。さっそくパソコンの電源をONし、風状況と風予報をチェック。風はまだほとんど吹いていません。予報は変わらず吹く予報♪ということで、体力温存のため、ちょい仮眠。7:00に目覚め、テンションアゲアゲのため、まずは最近購入したEXILEのDVDでチューチュートレインを聞き、その後、めちゃいけのオカザイルを見ました。まさに気持はアゲアゲノリノリ。そのテンションのまま、いざ千葉内房某所へ出発。当然、車で聞く音楽もEXILEっす♪

現地には11:00前に到着。既に風は吹きあがり、海は白波だらけ、沖はセットで波もあるが要は荒れている海である!みなさんは3点台。あっしは最小が4.5㎡なので、最小セイルで乗ることにしました。時折ドーンと吹く風で砂嵐、今年の成果を試すべくいざ出廷。最初の2往復くらいはコントロールできる風だがブローがとにかくきつい。沖のセットの波でジャンプすると風ですごく横に流される感じだが、まだコントロールできる程度でした。なんかボードに違和感があったので、一回岸に戻ってみるとジョイントベースの位置がずれている…。なんか締め付けの調子が悪い…。直して再び出廷したら、それはまさに4.5㎡激激激Overコンディションの始まりだす。既に風実況では平均20m/sオーバーっす。風が少し治まるかな~と休憩していた時に、『そんなコンディションでも諦めずに乗れるようになりたい!』と思っていた気持が沸々と湧き上がり、さっき乗った感じだと沖から戻ってこれない風ではなかったので1-2往復でもいいから何度かチャレンジしてみることに決めました。

何本か乗ってみたものの、終日とにかく平均風速は4.5㎡ジャスト。時折来る鬼ブローってえやつが吹くと、ろりゃもうそのままセイルパワーで自分の体が飛ばされそうなくらいの衝撃、またセイルも風にあおられバタつく場面が非常に多くて乗りづらいことが多かったのですが、何とか乗ることができてよかったです。そのチャレンジラスト!ってことで、出廷した様子をチフ兄にぃが撮影してくれたんですが、強風のなか沖の波でジャンプして風を使って少しづつではあるがコントロール、ジャンプの高さをとれるようになってきた。まあ、ただ少しの成長かな?あっしにとっては、この激激激Overでの出廷、ジャンプチャレンジは2007年度のなかで自分のウインドへの気持ちを成長させる意味で大きな変化をもたらしてくれた。乗ってよかったです。こんなコンディションだったため、タック、ジャイブはもちろん沈、ほとんどフロントにもふれなかったし、まさに体育会系の根性だめしみたいなもんだったが、それでもウインドは楽しい、課題いっぱい=夢いっぱい、その課題を克服し、少しでも与えられたコンディションで楽しく乗れてフロントフリフリンできることを目指し、2008年も引き続きウインド病は続きます(笑)はてさて、明日はどこにしようかにゃ。

追伸:ウインド後、A山さん宅にてお食事させていただきました。A山さん、ひとみさん、お誘い頂きありがとうございます。お風呂に入り爽快、その後はいろりで食するお肉、ホタテ、飲み物、すべて美味しいっす。また、みなさんとのお話、非常に楽しかったです。残念ながら諸事情により、夜中に家に帰ることになっちゃいましたが、また次回は深夜まで飲みのお付き合いさせていただきたく、ぜひぜひ遊びに伺わせていただきます♪今後とも宜しくお願いします。しかし、ジャンプの写真、かっこええっす!!!

本日の海動画(YouTube)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

月次アーカイブ

ページ上部へ戻る