第28回(検見川):微妙な風と流木と共に

20070916_01

風:南南西 波:膝
道具:BH105+6.3㎡(プレーニング率:20%)
人数:60人くらい

昨日は子供の運動会、本日は結婚記念日です。本来ならば、家族サービスDAYなんですが、いい風が吹く予報だったので、海に行かせてもらえることとなりました。九十九里方面に行こうかどうするか迷ったのですが、今日は家族との時間をちゃんととるべきだと思い近場の検見川にすることとした。

移動中、5点台になってくれないかな~って期待していたのですが、現地到着後に海を見てもそんなに吹いてにぇ(悲)。ってことで、まずは車内掃除っす。11:00過ぎくらいに少し風があがった様子だったので出廷。いつもの通り、微風での小波乗りの練習です。すっごく微風で検見川のような波の力がない状態で波の乗り方を練習すれば、風吹いて波が胸以上になった時の波乗りに非常に役立つと思ってます。また、その練習で沖に向かいながらちびっと大きめの波を探しだしてはタックして波に乗る練習をしています。そのせいか、だいぶと乗れそうな波を見極めできるようになってきたのですが、まだまだ難しいです。でも楽しい♪日々練習ですね。

昼くらいにショップ主催の検見川ビーチクリーンを行ったあと、風もちょっとだけ上がってきたので、引き続き、その小波&微風の練習を休憩しながらずっとやっていたんですが、14:00を過ぎても風は上がりきらず、ハズシたか?って雰囲気。帰ろうかどうか迷ったあげく、乗っていたら15:00くらいから風が上がり始めました。とはいっても、6.3㎡ではアンダーながらも何とかプレーニングする感じ、走るのはいいが海上には大きな木や流木、ゴミが浮遊しており、すっごくプレーニングして乗っていても海面を見ながら、その浮遊物にあたらないようにしながら乗らなければならないので、非常に気がはって疲れました。

いい風と波で波乗りしたい…。来週末あたり、南風が吹いてくれて奇麗な海とみなさんの笑顔のなかで乗りたいです。おねがいしまっす。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

月次アーカイブ

ページ上部へ戻る