第31回(検見川):もう少し風あればなぁ

20130818_02

風:南南西~南西 波(うねり):たまに膝
道具:相撲105L+6.3㎡(プレーニング率:30%)
人数:最大30-40人

ご一緒した皆様、お疲れ様でした。また、たくさんの笑顔の共奏、ありがとうございます。

夏になり、サーマルもなかなか吹かない感じの微妙な予報が続いていたせいか、7/19の大洗以来、ずっと海なしでした。この週末は、久しぶりに土日ともにサーマルに期待の予報です。しかも、土曜日は、夕方から、自分で6点台であれば、ガッツリ乗れるくらいの風が吹いたらしいので、かなり期待しての海でした。

20130818_01

朝は6:00に起床。7:00から1時間、先週のゴルフレッスンの復習をやりたくて、1時間ほどゴルフの練習。教えていただいた基礎中の基礎であるスイングを意識して3箱くらい打ちましたが、少しは良くなったかな?。いい汗かいたのち、そのまま検見川へ行ってきました。

特に大きな渋滞もなく、現地には9:30前に到着しました。検見川沖の風速が最大瞬間風速で10m/sくらいあったのですが、まあその数字の通り、防波堤の先端より沖は白波が多数ある感じで、その風が吹き込んでくれば、乗れそうなコンディションでした。また、今日はSUPやウインドのボードの試乗会もありました。

夕方から飲み会もあり、また人がいっぱいになる前に出廷して乗ろうと、10:00くらいに準備して出廷しました。アウトに向かうときは、あまりプレーニングすることがなかったですが、インサイドに戻ってくるときは、波を使いながら、いいブローをつかまえれば、プレーニングできるというようなコンディションでした。あと2~3m/sくらい風が強ければ、もっとガッツリとプレーニングできていた感じだっただけに、少し残念でした。

17:00からの飲み会参加のため、14:00に終了して帰宅したのですが、この日の夕方はサーマルがガッツリ上がることがなかったみたいですね。月曜日と火曜日はプチ夏休みということで、会社を休みにしたのですが、少しガッツリ乗れるくらい吹いてほしいです。

また、いい風が吹きますように☆彡

海写真サイト:ここをクリックしてください(29枚。sRAWで撮影)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • ぴょんいち
    • 2013年 8月 19日

    材木もずっとイマイチぽかったですが、夕方ガツンと入りました。最近はそのパターンが多いそうです。次回は夕方まで粘ってみては?(笑)

    • 千葉ひで
    • 2013年 8月 19日

    ぴょんいちさんへ
    おはようございます。おっしゃる通り、夕方からのサーマルパターンがおおい感じですね。土曜日の夕方はガッツリだったらしいのですが、昨日はイマイチな状態のまま、夕方も風が上がらない状態だったみたいです。そろそろ、ガッツリ吹いてほしいですね。

    • ドリビー
    • 2013年 8月 19日

    ひでさん、おはようございます。
    久しぶりのウィンドのレポでしたね。
    写真でみると結構ウサギが見えますが・・・。
    でもこの時期の風は軽いから風速が上がらないと走らないですよね~。
    GPVを見ると今週末は良い風が入りそうです!
    またレポ楽しみにしてます。
    ではでは。

    • 千葉ひで
    • 2013年 8月 19日

    ドリビーさんへ
    こんにちは。結構ウサギがぴょんぴょんな感じでしたが、アンダーセッティングで対応していましたが、私の道具では、微妙に風が足りない感じでした。そろそろ、ガッツリいい風に乗りたいものです。私もドリビーさんのレポ、また拝見に伺いまーす(^-^)

    • 艇庫番
    • 2013年 8月 20日

    千葉ひでさん
    写真ありがとうございます。日曜日、私は121Lのフリーライドと6.6の組み合わせだったのでジャストで楽しめましたが、ウェイブには物足りない風だったかもしれませんね。でも今日はそこそこ吹いているのでは??
    また、検見川浜でお会いしましょう。

    • 千葉ひで
    • 2013年 8月 20日

    艇庫番さんへ
    こんばんは。書き込み有難うございます。日曜日は、もう少し風が上がってほしかったですね。あと、2-3m/sくらい風がつよければ、もっともっとプレーニング三昧な感じのコンディションでした。
    今日は、夕方の2時間くらいが、非常に楽しいコンディションでした♪また、ご一緒した時は、たくさんの笑顔の共奏、よろしくお願いします。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

月次アーカイブ

ページ上部へ戻る