2000年:お祭り日記(10/17)

河川敷

朝の8:30頃、各太鼓台がエビスセンター前に集合。昨日会えなかった、もたかさんと会うことができました。エビスセンター前から宇高、澤津地区を経由して、統一場所である国領川河川敷統一かき比べ会場へ向かいました。

国領川河川敷の統一行動は、澤津→宇高→浮嶋→町→本郷→山端の順序で入場。入場の途中、本郷が宇高を挑発し少しもめていましたが、鉢合わせまでにはいたりませんでした。この入場で、浮嶋はかき夫が少なかったのですが、なんとか落とすことなく担ぐことができ、なんと1位をとることができました。その場で担ぎ上げを行った後、無事統一行動は終了しました。

なんとか天気ももっているし、午後の多喜浜統一もこの天気のままもってほしいと思ってます。あー楽しみじゃ。今から松神子の友だちの家に行って、祭り話に花を咲かせよわい。

多喜浜駅前

午後からは松神子の親友宅に遊びに行き、川東西部の太鼓台がくるまで、ずっと飲みながら祭りの話をしながら楽しんでました。中学時代からお世話になっています。ありがとうございます。本当、みんなと1年に一度、こうおいうお祭りでお会できるし、一杯祭りの話に花咲かすことができて嬉しいです。そうこうしているうちに、川東西部の太鼓台が親友宅の前にきたので、急いで着替えて自分も浮嶋につきました。

多喜浜駅入りのトップバッターは浮嶋でしたが、河川敷とは比べ物にならないくらいに落としまくってました。浮嶋の後は、澤津→宇高→町→山端→本郷→新田→白浜→東浜→阿島→下郷→楠崎→田之上→又野→松神子の順序でした。ここでの担ぎ比べのトップは松神子と又野が同率1位、山端が3位でした。

その後、川東西部地区、川東地区で担ぎ比べを行い、宇高→澤津→浮嶋→本郷と退場していましたが、本郷が出るときに阿島との挑発がありました。何度か挑発行為がありましたが、鉢合わせまでにはいたりませんでした。今日は、なんとか祭りの時間帯は大雨にならなかったのでよかったですね。明日の天気は晴れみたいなので、気持よく担ぎたいと思います。

Hits: 6

関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

アーカイブ

目次

TOP