10/17PM:多喜浜駅前統一イベント

実家へ帰宅後、hide-cさんとともに昼食とビール。それほど休憩する時間はなく、午後の多喜浜駅前統一イベントに向けた運行が開始される時間が近くなったため、自治会へ向いました。やはり、いつもよりも足首の痛みがひどかったこともあり、親父が給水車を運転すると言っていたので、かきくらべ以外は足首に極力負担がかからないよう、給水車に乗せてもらい移動させてもらうこととしました(みんな歩いて太鼓ついて行っているなか大変申し訳ないです)。川東西部の太鼓台が垣生→法泉寺を経由して山端広場へ運行しているなか、自分は給水車に乗せてもらい、先回りして山端広場へ行きました。40分ほど待っていたら、各太鼓台が山端広場へ到着。

少し休憩したのち、多喜浜統一イベントへ向け出発。ここでも、給水車に乗せてもらい、先回りして多喜浜駅の統一イベント会場へ先回りさせてもらいました。まだ、人も少ない閑散としている多喜浜駅前統一イベント会場にきたのは初めてでした。駅前から少し北に下ったところで太鼓がくるのを待ち、松神子の花束贈呈くらいから、自分も担き夫モードへ突入。ぱっと見、午前中よりかきふは増えていたので、少しはかきくらべできるかな?と期待しながら、統一イベント会場の入口へ向いました。

16:00。いよいよ多喜浜駅前統一イベントのスタートです。川東西部は浮嶋→町→山端→松乃木→東雲、川東は阿島→新田→東浜→下郷→田之上→楠崎→又野→松神子の順序で入場です。ということで、最初は浮嶋からです。タイヤを外して、いざ会場へ入場。河川敷の時と比べると、まだ軽いが、しかしながら、お・お・お、重い…、重いっす。この状態だと、差し上げても差し上げたまま360度回すのは難しく、結局は本部前から定位置までのかきくらべは、何度か落としながら担ぐ感じのかきっぷりとなってしまいました。まあ、しょうがないですね。

その後は、本部前あたりで各太鼓台が入場してくるたびに写真を撮影→掲示板投稿を繰り返してました。各太鼓台ともに、けっこうええかきっぷりでしたね。また、今年新調された又野太鼓台の姿を初めて見ましたが、バランスのとれたええ幕ですね。カッコ良かったです。地元の松神子まで入場ののち、かきくらべ結果の発表があり、一位:山端、二位:又野、三位:松神子でした。山端は河川敷に続いて一位、さすがですね。

かきくらべ結果の発表後、川東西部地区から帰路を開始。その帰路の時に松乃木が東浜、町が田之上に少しだけイザリになる!?って雰囲気がありましたが、どちらもそうならずに終了。浮嶋の順番がきたので、定位置~がんこ寿司の前のタイヤつけるところまで担ぎ、一緒に太鼓について帰ろうかと思っていたのですが、川東の太鼓をもう少し見たかったので、そのまま残って見学。

川東も帰路の開始となり、何事もなく進んでいく中、阿島太鼓台が帰路についていたところ、なんと松神子と阿島がイザリに!?。阿島が東に引いていってるなか、けっこう松神子も追いかけていく状況が続いてましたね。結局10分くらいイザリが続いてました。な・な・なんでイザリになったんでしょう???その後、お互い引いた状態でウェイティングのまま終了となりました。

ということで、その後は各太鼓台ともに定位置までタイヤをもっていってタイヤを着け、帰路となりました。松神子は会場ではタイヤを返してもらえず、そのまま地元の花束贈呈する場所あたりまで、担ぎながら移動してました。

このイザリの雰囲気やまわりから聞こえてくる話しからすると、明日はそのまま運行したら大きな喧嘩に発展する感じだったので、これは明日は双方か、どちらか1台は運行停止だろうな?と個人的に思いながら帰宅。さて、このイザリで明日の午前中の行動は???。まあ、明日の朝の状況を見て決めることとしました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

月次アーカイブ

ページ上部へ戻る