愛犬ジェリーの療養状況

2017/12/9から散歩に連れていけるくらい回復♪

(2018.12.24更新)こちらの記事を更新しながら、愛犬ジェリーの病気の発症から治療中の出来事を更新していこうと思います。

現時点の愛犬ジェリーの最新療養状況

オーシャン動物病院での皮下点滴などの初期治療および漢方、薬、鍼による治療を行って以降、食欲も戻っており、血尿・血便がありましたがプレビコックスの服用で炎症がおさまり、その症状もなくなってきています。さらに足のマヒも涙がちょちょ切れるくらい現在は劇的に改善しています。まさに元気!って感じです。良かった♪

病気の発症から治療時の出来事

■11/21(火):なんか元気がなく食欲もあまりない雰囲気だったので、はやめの検診ということで、いつも通院している動物病院で、血液検査と持病の結石の影響がでていないか等、エコー検査を実施してもらいました。特に異常はなく、ひとまずステロイドとビタミンの錠剤で様子を見ることとなりました。

■11/25(土):薬服用後の経過観察で通院したのですが、門診の結果、異常なしという結果となりました。

■11/28(火):美容院に勤めている長女が休みだったのですが、朝起きてお出かけの支度中、普段くることのない洗面所に愛犬ジェリーがきたらしく、様子をみたところ、ハアハアと舌を出して息する仕草と、後ろ足がマヒしている感じで動きずらい状態になっているとのことで、急遽、いつも通院している動物病院へ通院。原因不明だが症状からは過去にもあったヘルニアではないかということで、特に処置なく、MRI検査をすすめられました。どうするか迷った結果、良くなるようにしてあげたいということでMRI検査の予約を実施することにしましたその日の夜、さらに症状は悪化し、後ろ足がマヒした感じでほとんど歩けない状態になってしまいました。SNSに本件の投稿をしたところ、海仲間のあじくんから「手術するなら、その前に鍼でヘルニアを治す病院(東京都目黒区にあるオーシャン動物病院)でみてもらったら」という情報を教えていただき、ネットサーフィンでその病院に関する情報を収集した結果、かなり治ったという事例が多かったので、ヘルニアMRI検査→手術という選択はいったんやめて、その鍼の病院へ翌日に行くこにしました。

■11/29(水)以降のオーシャン動物病院への通院状況

11/29(水)に初診いただき、水分補給のための皮下点滴と漢方を服用しはじめました。食欲がかなり回復しかなり足がつらそうですが、漢方を服用して3日後くらいから後ろ足を引きずりながらトイレの場所まで移動するようになり、たまに立つようになってきました。ほんと、嬉しい状態です。小さな血の米粒大の血尿と下痢気味の便の状態が続いていたのが気になったので、5日後の12/4(月)に会社を休んで再び通院しました。初めての鍼治療と、引き続き漢方の服用、あと炎症を抑えるプレビコックスの服用を開始しました。そこから、血尿や血便もおさまりました。通院の翌日くらいからは鍼の効果!?なのか、かなり歩けるようになってきて、10日後の12/9(土)には、もう無理じゃないなんて落ち込みまくっていた頃からは想像できないくらいの回復で、散歩に連れていける状態になりました。

下の写真は2017/12/6の状況。後ろ足がマヒして歩けなかったのがうそのように普通に歩きまくってます。

12/16(土)にまた通院で鍼治療をし、良くなってきたので、漢方の量を少し減らし、下痢気味の状態の改善ということでレンコンを食べ始めたのですが、その下痢もすごく改善しており、病気になる前の状態にかなり戻った感じです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

月次アーカイブ

ページ上部へ戻る