ツルツルくんが網膜剥離。かなりビックリ!?

本日、ツルツルくん本人から許可をもらったので、ブログの記事にさせてもらいました。ありがとう。

同じ会社のツルツルくん、故郷は同郷の愛媛で、入社したときに同じ寮となり、昔から非常に仲の良い部下で、たまに一緒に遊びんんだり飲んだりする仲でして、ウインドサーフィンをはじめたきっかけも私です( ^^) 。奇遇にも昨年からは同じ部署の配属となり、たまに会社帰りに一緒に飲んだりしています。

そんなツルツルくんなんですが、4/13(木)の午後に一緒に打合せの予定だったのですが、「今眼科で検査中で、午後は会社に行けなくなるかも?」という連絡があり、検査が終わったら連絡ちょうだいねぇということになっていたのですが、その検査結果の連絡が「網膜剥離で緊急に手術しないと失明の可能性がある」とビックリ仰天な連絡がはいり、けっきょく、その日のうちに緊急手術する必要があるというこで、いろいろと心配してkentaroさんとかにもご連絡させていただいたのですが、最初に行った眼科の紹介先の病院で緊急手術でき、失明は回避できたという出来事がありました。

4/19(水)に経過検査をしたところ、順調に回復しているが、会社の出社は5月のゴールデンウィークあけになるということで、今日はちょうどツルツルくんの家の近所の床屋で散髪だったため、どんな様子かも見聞きしたくて、一緒に駅前で昼食をとったのち、家まで送っていき、いろいろと網膜剥離に関する話を聞いてきました。

ツルツルくんの網膜剥離の症状ですが、4/7(金)の海外旅行よりも数日前から、目が腫れたり、ぼやけて見えたり、糸のようなものが見えるという症状が発生していたらしく、4/6(木)に病院に行こうと思ったが仕事の都合で病院にいけず、そのまま海外旅行にいっちゃったそうです。しかし海外でもその症状が改善せず、4/12(水)の帰国後すぐの翌日に病院にいって検査したら、網膜剥離で一部に穴があき、上側の網膜がとれかかっていて、このままだと重力の関係で網膜がとれる可能性が高い状態だったらしく、かなりマズイ状態だったらしいです。たまたまレーシックしたときの治療が功をそうしていたらしく、網膜がとれるという進行が遅くなったみたいです。ちなみにツルツルくんのお兄さんが年末あたりに同じ網膜剥離になったらしいのですが、検査の翌日の手術だったのですが進行がかなりはやく手遅れでかなりの視力低下になってしまったそうです。

ツルツルくんんが網膜剥離になった原因とっていたのは、本人いわく、近視と遺伝、それと老化らしいです。いきなり、こんなことになったら怖いですよね。目に違和感を感じたら、すぐに眼科に行こうと思います。今は下を向きながら歩いていましたが、来週には目の治療で入れていたガスもとれ、前を向いて歩けるようになるんじゃないかと言っていました。本人との会話では4/27(木)にまた会って一緒に食事か飲もうということになりましたが、さてどうなるか?はやく回復して遊ぼう!海に行こう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

月次アーカイブ

ページ上部へ戻る