日本女子オープンゴルフ観戦

この土日は風も吹かない予報だったため、土日ともLPGA観戦にいってきました。いつも通り、西山ゆかりプロについてまわりました。

・3日目:11:40 1Hスタート、下川めぐみプロ、キムハヌルプロと同組。動員数9,424人、天気は晴れ(22.0℃)。
・最終日:10:15 1Hスタート、新垣比菜プロと同組。動員数12,362人、天気は晴れ(23.9℃)。

畑岡奈紗プロ、大差での2年連続優勝、おめでとうございます。日本人選手が優勝してくれて、めっちゃ嬉しい。

前日の予選通過で6連続バーディだったので、その調子で3日目、最終日もスコアをのばし、優勝に絡んでくれるんじゃないか!?という非常に楽しみな公式戦の決勝ラウンドのスタートです。ティーショットの練習場所を見に行ったところ、その場所に、すでに西山さんのお母さんや応援させる方々がたまたまいらっしゃっていたのを見つけたのでご挨拶。その後、バンカーショット、パットの練習風景を見たのち、予定通りの時間のスタートでした。

今回も当然のことながら特定のプロだけの応援ということではなく、ナイスショットしたときやパーやバーディーをとったときなど、皆さんが基本的にパットが終わるまで見て、声を出して応援してました。

まず3日目ですが、ティーショットではフックする球が多くてラフに行くことが多く、また2打目で寄せられても、うねりがすごいグリーンでは、なかなかパターが決まらず、4バーディー、4ボギーのー4、17位タイという成績となりました。ラウンド後の練習まで見学したのは初めてだったんですが、キャディーの方と一緒に、かなりティーショットのフックの原因究明と補正を入念に行っていましたね。よい勉強になりました。

最終日はというと、ティーショットではフックする球は少なくなり、寄せもよかったものの、つけた位置が下りラインが多く、うねりがすごいグリーンでは、なかなかパットがきまらないという状態で、終わってみれば前半は1バーディー、4ボギーというスコアでした。こういうときこそ、ショートカットせずにティーショットの場所からグリーンまでついてまわって応援ですよね。スタートしたスコアに戻ってほしいと思いながら応援していたのですが、13番ホールのバーディーに始まり15番ホールを除き18番ホールまで5バーディーでした。西山ゆかりプロのお母さんや、応援されている方々とともに、興奮しまくりでしたね。特に印象的だったのは、16番だったかな?のバンカーからのチップインと、18番の距離あるバーディーパットでした。連日、たくさんみなさんと笑顔の共奏をさせていただき、非常に楽しかったです。ありがとうございました。

01ラウンド後は、西山ゆかりプロ、チョンインジプロ、LPGA会長の小林浩美プロにサインいただきました。4日間のラウンド後でかなりお疲れのなか、本当にありがとうございます。

次回の応援観戦は、風が吹かなければ10月末の埼玉か、11月上旬に茨城で開催されるTOTOの予定です。

引き続き、笑顔とウマツヨの共奏で頑張ってくださいね☆彡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

月次アーカイブ

ページ上部へ戻る